鼻炎・蓄膿情報局:トップ > アレルギーと血液検査
アレルギーの原因を調べるには血液検査が一般的です。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

アレルギーと血液検査

アレルギーに対する血液検査では、様々な情報を知ることができます。

白血球検査

  血液中の白血球の1種、好酸球や好塩基球が増えているかどうかを見ます。

  食物アレルギーの場合は増えていることが多いです。

アレルギー検査

  IgEというアレルギーを起こすタンパク質が血液中で増えていないかどうか、

  食物に反応するIgEが増えていないかどうかを見ます。

  IgE全体の値が高いとアレルギーを起こしやすいことになります。

食物に反応するIgE

  例えば、卵白に対するIgEが、0.7 IU/ml以上であれば、陽性となります。

  この数字は0.34~100 IU/mlまであって、数字が高いほど、

  症状がでやすいことがあります。

  数字によってスコアで分類しています。

  0~6まであって、0は陰性、1は疑陽性、2~は陽性となっています。

HRT(ヒスタミン遊離試験)

  試験の中で、食材と白血球を混ぜて、

  ヒスタミンをという物質が出るかどうかをみる検査で、

  現在、卵、牛乳、大豆、米、小麦で検査できます。

  ヒスタミンの値が高くなっている食材は、

  アレルギーを起こす可能性が高いという事になります。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語