鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 鼻炎 漢方薬
鼻炎の悩みを漢方薬で治そうという人がいます。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

鼻炎 漢方薬

鼻炎・花粉症などのアレルギー性疾患には漢方薬はとても効果的です。

多くの処方が対症療法的な症状を押さえる働きと体質改善の効果の両方を備えています。

効果の早い処方が多く、症例によっては

服用後すぐに鼻水が止まるという事も少なくありません。

また西洋薬に多い眠気やだるさ・口の乾きなどの副作用が漢方薬はありません。

その為仕事や勉強の妨げにならないのも大きな長所です。

以下に具体的な処方をいくつかあげてみます。

  

実証タイプ 比較的体力があり胃腸も丈夫な人

  麻黄(まおう)という生薬が含まれる処方を頻用しますが、

  これらの麻黄剤という薬は効きめが早く

  飲んですぐ効果があらわれる場合も少なくありません。

  代表薬は麻黄湯(まおうとう)で、頭重・鼻水鼻づまりなどに効果的です。

  葛根湯加川きゅう辛夷は鼻づまりが強い症例や蓄膿症を併発している時に良く使われ、

  小青竜湯加石膏はひどい水様の鼻水と口渇などの熱症状がある時に使われます。

  風邪薬で有名な葛根湯も鼻炎に効果が高い処方です。

  これらの処方はすべて麻黄剤で、即効性が期待できます。

 

中間証タイプ 体力的に普通程度の方

  このタイプの方も、胃腸が弱くなければ上の実証タイプで使う処方がそのまま使えます。

  それに加え小青竜湯という処方が特に鼻炎には特効薬としてつかわれます。

  水っぱなが止まらない時や涙目にはとても効果的な処方で実証でも使われます。

  中間証でも胃腸が強くない場合は柴胡桂枝湯や五積散のように

  胃腸の調子も整える処方で対処すると好結果が得られます。

 

虚証タイプ 体力的に比較的虚弱な方や高齢者

  このタイプは冷え性で胃腸虚弱なら六君子湯のような体質改善薬が最適です。

  中間証でもあげた柴胡桂枝湯や五積散も使えます。

  特に冷えて体力が落ちている場合麻黄附子細辛湯もよく使われます。

 

鼻炎に用いる処方はまだ沢山あります。

服用してみたい方は、まずは専門家に相談される事をおすすめします。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語