鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 鼻炎 民間療法
鼻炎によいとされる民間療法はいろいろ伝えられています。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

鼻炎 民間療法

昔はドクダミ(十薬)は皮膚、高血圧、便秘、利尿などなど

民間でも非常に珍重されていました。

 

このドクダミの湯気を吸い込んだら鼻詰まりがなおると言うのはありうるのです。

昔から子供が鼻をつまらせた時の民間療法として

ドクダミの生の葉を取ってきて、すぐ塩もみして、水が出て来たら、

丸めて鼻の穴において汁を吸いこむようにして30分ほどおいておく、

その後十分鼻をかむと鼻の奥からウミが出てくるというものです。

生のドクダミの臭い匂いはデカノイルアセトアルデハイドによるものですが、

これは白癬菌とかブドウ球菌などの繁殖を押さえますが、

この場合制菌力は生だけで乾燥させると失われるということで

乾燥ドクダミを鼻に入れても無理でしょう。

 

また煎じたものはきちんと民間療法に伝わっています。

鼻がつまる場合、鼻の中の粘膜炎症を抑える働きが乾燥ドクダミ煎じ液にもあるので

暖かいお茶を毎食後やいつも飲んでおくと、

粘膜炎症を抑えるので鼻詰まりには効くようです。

つまり鼻づまりには生の葉も煎じたお茶も昔から愛用されていたわけです。

万人に効果があるというわけでないですが、

鼻の炎症が強い場合には効果があると思われます。

ですから医療といっしょに補助的に使うといいのではないでしょうか。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語