鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 鼻炎 手術
鼻炎を手術で治療する方法は以前は大掛かりなものでした。今ではレーザー治療による手術などが一般化しています。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

鼻炎 手術

アレルギー性鼻炎は体質的な疾患であり

薬や手術によって体質そのものを変えることはできません。

つまり対症療法であり、根本治療ではありません。

しかし近年、様々な手術方法の開発によって鼻粘膜をアレルギー反応が

起こりにくい粘膜に変える、あるいはアレルギーが起こっても鼻づまりや鼻水、

くしゃみが起こりにくい粘膜に変えることは可能になってきています。

アレルギー性鼻炎に対するレーザー手術はその代表的なものです。

 

アレルギー性鼻炎は下甲介粘膜に抗原が付着することで発症します。

この粘膜をレーザーなどで浅く焼くと抗原が侵入しにくく、

粘膜が縮むためにアレルギーの症状が軽くなります。

この方法は外来通院で行うことができ、出血がほとんどない安全な方法として考案されました。

今でこそアレルギー性鼻炎に対するレーザー手術は広く普及していますが

10数年前には一部の施設でしか行われておらず有効性は確率されていませんでした。

しかし、現在はスギなどの花粉症に対しても

ステロイド点鼻などの薬物療法以上の効果が認められているようです。

 

しかし、レーザー手術は万能ではりません。

なかには鼻腔の形態が悪くレーザー手術ができない場合や

レーザー手術を何度行っても効果があらわれない人もいます。

その判断には個人個人の症状や鼻の形態などを総合的に診断する必要があり、

すべての方にレーザー手術が適しているとは言えません。

アレルギー性鼻炎の手術療法といっても様々なものがありますが、

どのような方にどのような手術が適しているかを判断するには

それ相応の知識と経験が要求されます。

昨今、雑誌などでも「レーザー手術でアレルギー性鼻炎が治る」などと

表現する広告を見かけますが、そのような誇大広告を打ってい場所で

手術をするのは考えた方が良いと思われます。

手術を決心される場合にはそれぞれのメリット、デメリットを

良く検討してみてください。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語