鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 鼻炎 スプレー
鼻炎用のスプレーが市販されています。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

鼻炎 スプレー

鼻炎や花粉症の症状に対して、

割に気軽に市販のスプレーを使う方も多いと思いますが、

気をつけなければいけない事があります。

 

気をつけないといけないのは、鼻の粘膜を収縮させる成分です。

血管収縮性点鼻薬系、粘膜収縮性点鼻薬系ともいいます。

これは風邪でも何でも鼻がつまった時、粘膜を収縮させるので鼻が通ります。

アレルギーがあろうとなかろうと一時的に鼻の粘膜を収縮させ鼻詰まりを治すものです。

しかし一時的で、数時間後にはまた詰まります。

使い過ぎると作用しにくくなり副作用でかえって鼻詰まりがひどくなる、

また使うという依存性もあるものです。

病院でも短期、医師の処方下でというのを守ってほしいものですが

市販薬に多く、どうしても長期乱用が多くなります。

塩酸トラマジリン・硝酸ナファゾリン・硝酸テトラヒドラゾリン・塩酸オキシメタゾン

などは気をつけなければいけない成分です。

血管収縮剤といいます系統です。市販でよく売られている点鼻薬にも入っています。

しかし、副作用で長期に使うとひどい依存性を生じます。

あくまで『短期投与』です。長期に漠然と使うと(特に市販の点鼻薬を)

鼻づまりが使ってないときに副作用で起こります。

これを薬剤性の肥厚性鼻炎といい、治療が難しいのです。

塩酸ナファゾリンなどを誰でも長期にわたって使うとそれだけで、

鼻の粘膜の肥厚がおこり、

普通のアレルギー性鼻炎の治療では効力がなくなってしまいます。

点鼻薬中毒性肥厚性鼻炎といって、

使い過ぎ(つまり一日量を守らないとか何ヵ月も連用したとか)で、

依存性が生じ、それによってまた連用がおこり鼻粘膜が異常増殖して

かえって鼻詰まり(点鼻薬性肥厚性鼻炎)の原因になります。

ともかく市販の鼻スプレーを使う時は成分に注意です。

短期に限ることということと、さらに妊娠中はより慎重な使用が必要です。

市販の鼻スプレーの中を確かめてそれが入っていたら短期で使用量を守る。

それでも鼻が詰まる時はきちんと耳鼻科に行く方が無難でしょう。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語