鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 鼻炎 食べ物
鼻炎によくない食べ物、鼻炎をよくする食べ物があります。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

鼻炎 食べ物

鼻炎にもいろいろありますが、慢性化すると治りにくくなるので、

早めに治療することが大切です。

では実際にどんな食べ物が鼻炎にいいのでしょうか。

 

まず「鼻づまり」に良いとされるのが、「だいこん」です。

「だいこん」は消化を促進し、胃のもたれを解消したり、

だいこんあめにしてのどの痛みを鎮めるなどといわれることが多いですが、

鼻詰まりにも実は効果的です。

しつこい鼻詰まりで息苦しい時は、

大根おろしの鼻洗浄液(すったものをガーゼで絞った汁)を

作って、脱脂綿につけて、鼻に詰めます。

それを2~3回繰り返して行うと鼻の通りが良くなります。

但し、だいこんは、辛くない部分を使わなければいけません。

 

またくしゃみが止まらなくなった時には「しょうが」が良いとされます。

「しょうが」は、体を温めて冷えを取る働きがあります。

また、その他にも「吐き気止め」「解毒作用」「胃腸の働きを助ける」作用もあるのです。

くしゃみが止まらない時には、

おろししょうがの洗浄液(ガーゼで絞り、ぬるま湯に5~6滴入れたもの)を

鼻から吸って口から出します。

これを5~6回続けるとくしゃみが止まることが多いです。

 

またもし慢性化してしまったら、「どくだみ」が良いとされています。

「どくだみ」は、体質改善の効果があり、慢性化した鼻炎の治療にも効果的。

1年を通して鼻炎に悩んでいる人は、どくだみ茶を飲むといいそう。

どくだみの乾燥葉15gとハトムギ15gをあわせて煎じて、

毎日お茶代わりにすると良いそうです。。

 

いずれにしろ、鼻炎にかかったら、体を冷やさないようにすることが大切です。

体を温める食べ物といえば、

うど・ねぎ・しょうが・にんじん・かぶ・玄米・すもも(プルーン)・さんしょう・さつまいも

じゃがいも・やまいも・サバ・サケ・タイ・フグ・うなぎ・羊肉など。

 

また体を冷やすような食べものは、鼻をつまらせる原因となります。

例えば、生のジュース・生野菜のサラダ・エビ・カニ・山菜・リンゴ以外の果物など。

また、漢方でいう「血をよごす」作用のあるものは、

鼻粘膜の充血によくないので、注意が必要です。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語