鼻炎・蓄膿情報局:トップ > 蓄膿症の原因
蓄膿症の原因には鼻骨が曲がっているなど器質的なものや生活習慣など、さまざまにあります。
鼻炎・鼻づまりの人に話題のお茶
今すぐ見るマイケア なたまめ茶

蓄膿症の原因

蓄膿症とは正式には慢性副鼻腔炎といいます。
 
現実的には風邪や鼻アレルギーなどと診断されていても
 
副鼻腔炎が本当の原因となっている場合も少なからずあります。
 
 
 
顔面骨は鼻を取り囲むようにしていくつか骨の空洞があり、
 
これを総称して副鼻腔と呼んでいます。
 
副鼻腔の粘膜に炎症が起こると、そこで大量の粘液が作り出され、
 
鼻汁として鼻腔から排出されます。副鼻腔はそれぞれ独立した部屋になっていて、
 
特に鼻腔との境界が非常に狭い穴でつながっているため、
 
軽度の炎症で腫れても穴がふさがってしまいます。
 
副鼻腔の粘膜が細菌やウィルスに感染したり、
 
ハウスダストや花粉症などのアレルギーが原因で炎症を起こし、
 
膿、粘液が排出されず副鼻腔にたまるのが副鼻腔炎です。
 
副鼻腔炎には急性と慢性の2つのタイプがあります。
 
急性副鼻腔炎の症状は風邪に引き続いて起こりますが、
 
慢性副鼻腔炎の原因は複雑で急性炎症の繰り返しや遺伝的体質、
 
アレルギー、鼻の粘膜が厚くなって詰まってしまう肥厚性鼻炎など様々です。
 
また虫歯の炎症が副鼻腔にまで及んだり、
 
飛行機や潜水での副鼻腔の気圧調節がうまくいかないことが原因になる場合もあります。

さて、ここで鼻や臭いがすっきりする話題のお茶のご紹介です。
「40年間つけていた鼻栓がとれたみたい」という絶賛口コミの詳細がチェックできます。
古来から薬用栽培されてきた薩摩産のふしぎなお茶の情報はこちらから

なたまめ茶 マイケアの『なたまめ茶』で毎日の憂鬱を大そうじ!
IT用語